ヴィーノ役、梅原裕一郎さんとリュゼ役、斉藤壮馬さんにインタビュー!!!

ヤバイです、ファンには超たまらなくうれしいこのサプライズww
さすが天下のanipani様٩(๑•̀ω•́๑)۶

しかしDAME×PRINCEもプロモーションの数を見ていると相当気合いを入れているアプリに感じますね★

リリース、もしかして年内では…!?

来週のクリスマスの週が怪しいと思われます(笑)

anipaniは、今冬に配信を予定しているiOS/Android向けアプリ「DAME×PRINCE」について、担当声優のインタビューコメントを公開した。

本作のボイスを担当する声優インタビューの第1弾として、攻略キャラクターのヴィーノを演じた梅原裕一郎さんと、リュゼを演じた斉藤壮馬さんのインタビューが公開された。

ヴィーノ役、梅原裕一郎さんインタビュー

――キャラクターを演じた感想をお聞かせください。

今回演じさせて頂いたヴィーノは秘密のあるキャラクターなんです。ダメ男としてのヴィーノと、そうじゃない部分の顔を演じ分けるのが結構難しかった ですね。最初は戸惑いもあったんですけど、収録が進むにつれてその辺りの切り替えがスムーズにできるようになってきたと思います。 台本を読んだときに、今までの作品で使ってきた声では表現できないキャラクターだなと感じたので、せっかくなら新しいものにチャレンジしてみようと思い、今回は喋り方や声色にも変化をつけてみました。

――今回演じたキャラクターの魅力を教えてください。

ダメなキャラクターとして出てくるんですけど、それにもちゃんとした理由付けがされていて、それがヴィーノの過去に関わってくるポイントにもなって います。その理由がヴィーノの優しさを表していて、だからこそダメな方にいってしまっているんですよ。それくらいに、ヴィーノは優しさが詰まっている人間 だなと感じました。

――演じたキャラと似ている、もしくは逆にここは似ていないと感じた部分はありましたか?

僕は飄々としているって他人からよく言われるんですけど、ヴィーノもつかめないところがあるキャラクターなので、そこは似てるかもしれないですね。 似てないところはいっぱいあります(笑)。僕は女の子に話しかけることが出来ないタイプなのでそこがまず似ていないし、自分ではチャラチャラしてない と……思ってるんですけど、どうでしょうか?(笑)。

――ファンへのメッセージをお願いします。

今回は「DAME×PRINCE」ということで、ダメ男がたくさん出てくる作品となっています。そんなダメ男がだんだん成長していったり、ダメに なった理由がなんなのかなど、もの凄く深いストーリーがあって、世界観もかなり細かいところまで描かれているのでお話としても楽しめると思います。どのダ メ男を選ばれるかはみなさん次第ですが、もちろん恋愛要素もあるので、ぜひヴィーノ君のルートを選んで頂いて、彼を救ってあげてほしいなと思います (笑)。よろしくお願いします。

リュゼ役、斉藤壮馬さんインタビュー

――キャラクターを演じた感想をお聞かせください。

ダメな皇子たちとの恋愛や成長していく姿を見守る作品ということで、僕が演じたリュゼは国の傀儡となって自発的な行動をとらないキャラクターになっています。 見た目が可愛くてかなり幼いところがあるので、そういった部分をしっかりと出せるようにしました。僕が出せる範囲でのかなりの高音を使って、頑張っ て演じさせていただきました。ワード数がとても多かったわけではないんですが、自分的にものすごく頑張ったなと、褒めてあげたいなと思います(笑)。 リュゼは徐々に自我に目覚めていって、あざとくてブラックなところが出てくるようになるので「やっぱり僕はこういう役をいただくんだな!」と、すごく楽しく演じることができました。すんなりと台本にも入り込めたので、演技ではあまり戸惑いませんでした。

――今回演じたキャラクターの魅力を教えてください。

リュゼ・セレン・エル=フィリアザールはセレンファーレン皇国の第一皇子ということで、木村良平さんが演じるメアという弟がいます。非常に見目麗し く、一見すると女性にも見間違いそうな美貌を持った少年なんですが、クロムという宰相の言いなりになっているキャラクターです。リュゼの物語では、ヒロイ ンと出会って交流していく中で徐々に変わっていく様子が描かれています。

――演じたキャラと似ている、もしくは逆にここは似ていないと感じた部分はありましたか?

僕は自分自身についてそういう意見は全く持っていないんですけど、よく同業の方には腹黒と言われますね……(笑)。僕としては意外というか、本当に裏表のない真っすぐな人間なので、ちょっと何を言われているのか理解できませんね(笑)

――ファンへのメッセージをお願いします。

本作の座組みは全体的にも若くてフレッシュな感じでお贈りできていると思っています。キャラクターたちのダメな部分を笑って楽しむのも良し、自分の痛いところをグサグサと突かれているなと思いながらのめり込むのも良しで、いろいろな楽しみ方ができる作品になっています。 僕個人としては本当に頑張っていて(笑)、テストの段階で「もっと高く幼く声を出してください」と久しぶりに言われてビックリしました。僕自身の頑 張りと魅力的なストーリーとキャラクターがあなたを待っていますので、ぜひ一人でも多くのダメンズを救い出して世の中を平和にしてあげてください(笑)。 「DAME×PRINCE」よろしくお願いします!

コメントを残す